感情と向き合う

アクセスカウンタ

zoom RSS セドナメソッド6

<<   作成日時 : 2010/08/26 18:38   >>

トラックバック 0 / コメント 3

 今日は、セドナメソッドについて取り上げる第6回です。「人生を変える一番シンプルな方法」の第8章の「好きと嫌いを手放す」についてです。重要なことはこの本をじっくり読んで理解することではなく、この本に書いてあるエクササイズを自分自身で何度も何度も行って、本当に効果があるかどうか自分で確かめることです。テーマは自分が好きなものを選べばいいです。誰か嫌いな人とか、お金とか、迷っていること(転職するかどうかとか)、何らかの感情(心配とか怒りとか)とか、いろいろなものです。やり方は、本に書いてありますが、実際にやってみるとこんな感じです。本来は185ページのように、簡単な表を作ってやるのがいいのですが、このブログだとそれは難しいので、単に流れを書きます。テーマは、お金にします。

 最初に、「私はお金の何が好きですか?」と自問しました。「お金があると安心感が得られる」という言葉が浮かんだので、それを紙に書きました。次に、「それは認められたい気持ち、思いどおりにしたい気持ち、安全でいたい気持ちのどれですか?」と自問しました。安全でいたい気持ちと認められたい気持ち(自分に認められたい気持ち)の2つが浮かびました。そこで、紙に、w/s. w/a(本の163ページを参考にしてください)と書きました。今度は、「2つの気持ちのどちらを先にやりますか?」と自問しました。「安全でいたい気持ち」という答えが浮かんだので、「安全でいたい気持ちを手放せますか?もっと、もっと、もっと。」と自問して手放しました。そこでw/sに斜線を引きました。次に、「認められたい気持ちを手放せますか?」と自問して手放しました。そこで、w/aに斜線を引きました。

 次に、「私はお金の何が嫌いですか?」と自問しました。「きたないところ。」という言葉が浮かんだので、それを書きました。次に、「それは認められたい気持ち、思いどおりにしたい気持ち、安全でいたい気持ちのどれですか?」と自問しました。認められたい気持ち(自分に認められたい気持ち)という答えが浮かびました。そこで、w/aと書きました。次に、「認められたい気持ちを手放せますか?」と自問し、手放しました。そこで、w/aに斜線を引きました。

好きと嫌いを交互に繰り返します。

好き
好きなこと、やりたいことができる。w/c,w/a
嫌い
争いになる。w/c, w/a, w/s
好き
お金があれば人に貢献できる。w/c, w/a
嫌い
あまりお金があると友達が離れていくかもしれない。w/a

こんな風に、どんどんやっていくと、だんだんお金に対して気持ちが中立的になってきます。お金で苦しんできた人は、だんだん気持ちが楽になっていくと思います。

人間関係で苦しんでいる人、たとえば、上司との関係に苦しんでいる人であれば、「私は上司(○○さん)の何が好きですか?」「私は上司(○○さん)の何が嫌いですか?」について同じようにやっていけばいいです。こんな感じです。

好き
確実に仕事をこなしてくれる。w/c, w/a, w/s
嫌い
怖い。w/s, w/c
好き
人間らしいところ。w/a
嫌い
陰湿なところ。w/c

こんな風に続けていけば、その人に対する抵抗感が減っていき、少しづつその人が好きになっていくと思います。

 個々の欲求を手放せたかどうか自信がない場合が多いと思いますが、先に進みましょう。もしも手放せていなければ、また、同じ思考や感情が浮かんでくるだけで、それをまた書けばいいだけのことです。何回も同じことが浮かんでも、それを書いて、また手放せばいいです。書くことが思いつかない場合には、「ない」と書いて、その「ない」が「認められない気持ちか、思いどおりにしたい気持ちか、安全でいたい気持ちかと自問して、その答えを手放します。潜在意識下の欲求を浮かび上がらせるためです。

 好き嫌いのエクササイズは、1人でやるよりも、何か共通のテーマを決めて、誰かと一緒にやった方が効果的です。AさんとBさんでやる場合、最初は、Aさんが、「あなたはお金の何が好きですか?」とBさんに尋ね、Bさんの答えに対して、Aさんが「それは認められたい気持ち、思いどおりにしたい気持ち、安全でいたい気持ちのどれですか?」と問いかけ、Bさんの答えがたとえば認められたい気持ちだとしたら、AさんはBさんに「認められたい気持ちを手放せますか?」と問いかけます。次に、Aさんが、「あなたはお金の何が嫌いですか?」とBさんに尋ね、Bさんの答えに対して、Aさんが「それは認められたい気持ち、思いどおりにしたい気持ち、安全でいたい気持ちのどれですか?」と問いかけ、Bさんの答えがたとえば思いどおりにしたい気持ちだとしたら、AさんはBさんに「思いどおりにしたい気持ちを手放せますか?」と問いかけます。
 好き嫌いが1回づつ終わったら、今度は、BさんがAさんに同じように問いかけます。このように交互に繰り返します。2人でやる場合のメリットとして、相手の答えを聞くことによって自分で気づかなかったことがわかること、人に質問してもらった方が解放しやすい場合が多いこと、1人でやる場合よりも集中できること(1人でやるといつの間にか別なことを考え始めて時間を無駄にする)があります。

 テーマによっては、何時間も取り組む必要があるものがあります。何度もやれば、潜在意識のレベルに隠れていたものを浮かび上がらせることができます。時にはじっくりやることも大切です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
私はどうしても主人のことが許せないのですが、一緒に暮らしている以上 そうもいきませんので、好き/嫌いの手順を行ったのですが、うまくいきません。
好きな点は何も思い浮かばず、何の欲求かもわかりません。
嫌いな点は考えるだけでイライラしてしまい、それがどんどんひどくなっていき、欲求を手放した感じがしません。このような状態でも 続けて行っていれば効果はあるのでしょうか?
よつば
2011/06/19 19:14
よつばさん

今のやり方がうまくいっていないようであれば、いくつかやり方があるように思います。

@夫と一緒に暮らすことの利点と不都合、好き嫌いについて、取り組んでみる。こちらの方が何か浮かびやすい気がします。

A目標のエクササイズをやる。定番は「私は何があっても夫を愛することができる」ですが、それ以外に、「私は、夫が夫のやりたいようにすることを許容する」という目標に取り組むというのがあります。後者は、無茶苦茶な目標のようですが、解放の先生であるラリー・クレインが実際に生徒に教えているもので、私もやったことがありますが、けっこう効果があるように思います。

Bバイロン・ケイティのワークを試してみる。対人関係について取り組むのであれば、セドナメソッドよりもワークの方が効果を実感しやすい気がします。

以上に加えて、別のところでも書きましたが、ご主人に怒りなどのネガティブな感情を感じているのであれば、時々、別室で一人になって、その感情をひたすら感じ尽くすのがいいと思います。

時間はかかるかもしれませんが、以上の取り組みを地道に続けていけば、ご主人に対する見方(パーセプション)がだんだん変わっていくと思います。

うまくいかないようだったり、わからないようであれば、またご連絡ください。
Yoichi
2011/06/19 22:11
ありがとうございます。
やってみます。
色々アプローチの仕方があるんですね。セドナメソッドは本を読んで 始めたばかりなので また わからないときには 教えてください。
よつば
2011/06/20 08:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
セドナメソッド6 感情と向き合う/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる