感情と向き合う

アクセスカウンタ

zoom RSS バイロン・ケイティのワーク2

<<   作成日時 : 2010/09/12 00:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今日は、バイロン・ケイティのワークの2回目です。

 バイロン・ケイティのワークは、バイロン・ケイティのホームページによれば、うつを和らげる、ストレス(不安や恐怖)を減らす、人間関係を改善する、怒りを減らす、思考を明瞭にする、活力を高める、心がより平和になるといった効果があると書いてあります。医学的統計学的検証がまだなされていないので、これが本当であると断言はできませんが、私自身の経験では、確かにそのような効果はあると思います。

 私自身は、ワークを初めて体験したのは、2007年10月です。ティム・マクリーンさんが東京で開催した1日セミナーに参加し、この時にはじめてワークを行いました。あまりの凄さに感動してしまい、半年後には、アメリカのロサンゼルスで開かれたスクールと呼ばれるケイティ自身の9日間のセミナーに行ってしまいました。内容は開示していけないことになっているので言いませんが、英語がよくわからずに苦労しながらも実りある9日間になりました。ということで、このブログを読まれた方々にも、是非ワークを体験していただきたいと思います。

 ワークについては、ジャッジメント・シートや4つの質問などのやり方については、無料で公開されています。これを読むだけでもできるとは思いますが、セミナーに1度出るのが望ましいと思います。というのは、正しいやり方を学べることに加えて、セドナメソッドと同様に、ペアになって誰かから質問をしてもらった方がやりやすいからです。日本では、ティム・マクリーンさんが、公認ファシリテーターとして、セミナーなどで定期的にワークを教えていらっしゃいます。
 また、本で学ぼうとするのであれば、精神科医で元衆議院議員でもある水島広子先生がケイティの著書を和訳されており(「探すのをやめたとき愛はみつかる―人生を美しく変える四つの質問」)、この本でワークを行うこともできます。ただ、ワークについて最初に書かれた本である「人生を変える4つの質問」については、現在は日本語版は絶版状態になっています。聞くところによると、改めて和訳作業が行われているそうであり、この和訳が出版されれば、これまで以上に、容易にワークを行えるようになると思います。早期の出版を期待します。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バイロン・ケイティのワーク2 感情と向き合う/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる