感情と向き合う

アクセスカウンタ

zoom RSS 不安や怒りにどう対処するか

<<   作成日時 : 2011/03/15 12:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今回の地震を受けて、東電に対して強い批判が起きているようです。

今、批判の嵐がこの国を吹き荒れると、状況はかえって悪くなるように思います。私の知る限り、人間のパフォーマンスは、人から非難されたり批判されたりすると低下します。人から批判されて奮起して頑張るということはまずありません。特に疲れているときはそうです。東電にせよ、他の誰にせよ、今は批判をする時ではないように思います。

誰かを批判したくなる時には、心の中で、不安や怒りがうずまいているはずです。そうした不安や怒りがあるときは、それを外にぶつけるのではなく、まず、以下のようにするといいと思います。

まず、その不安や怒りをできる限り感じてみてください。

次に、自分に向かって、優しく、次の質問をしてください。

「今だけ、その気持ちを手放せますか?」

これで少しでも変化が起きたら、この質問を何回か繰り返してください。

気持ちに変化がなければ、感じている不安や怒りをそのまま感じ続けてください。人にぶつけるのではなく、ただひたすら不安や怒りを感じてください。不安や怒りと一緒にいてください。感情を変えようとせず、ただ一緒にいてください。

ある程度、気持ちを感じ続けたら、気持ちはおさまってくるはずです。そうしたら行動しましょう。感情に振り回されるのではなく、まず、感情を感じつくして、その後で行動しましょう。


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
不安や怒りにどう対処するか 感情と向き合う/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる