セドナメソッド1

 セドナメソッドは、感情を手放すシンプルなテクニックです。セドナメソッドは、1970年代前半に、スピリチュアルティーチャーのレスター・レベンソンとその生徒だったヴァージニア・ロイドによって生み出されました。このテクニックは、「セドナメソッド・リリーステクニック」と名づけられ、最初のインストラクターにはヴァージニアがなりました。後に、ヴァージニアの生徒だったヘイル・ドゥオスキンがセドナメソッドという名称で、同じくヴァージニアの生徒だったラリー・クレインがリリーステクニックという名称で、このテクニックを教えるようになりました。そのほか、ヴァージニアの別の生徒だったジニー・フィッツシモンズも、エフォートレス・リリーシングという名称で、このテクニックを教えています。

 日本では、ヘイル・ドゥオスキンの書いた「人生を変える一番シンプルな方法―世界のリーダーたちが実践するセドナメソッド」(主婦の友社)によって、このテクニックは知られるようになりました。そこで、以下では、このテクニックを「セドナメソッド」と呼ぶことにします。

 私は、かつて憂うつと不安に悩まされる人生を送っていました。こうした状況を克服すべく、いろいろなものを試しました。EFTや認知療法や自律訓練法や太極拳やヨガといったものです。ところがどれもほとんど効果がありませんでした。5~6年前に、代替医療に造詣の深いアメリカ人医師のホームページを見ていたところ、 セドナメソッドのことがでていました。そこで、セドナメソッドのオーディオプログラムを購入し、何ヶ月か取り組んだのですが、効果が感じられませんでした。そうしたときに、偶然インターネットで、ラリー・クレインのリリーステクニックを知り、今度は、このラリーのオーディオプログラムに取り組みました。ただ、まだ効果は感じられませんでした。もうやめようと思ったこともあったのですが、もう他に取り組めるものもなく、また、自分の心のどこかで、「やめるな」という声が聞こえた気もしたので、効果がわからないままに続けていました。

 どうしてもうまくいかないので、最後は、自らアメリカに行って、ラリーの7日間のセミナーに出ました。このセミナーの4~5日目に、深い変化を感じ、このテクニックの強力な効果を実感することになりました。その後は、憂うつと不安がゼロになったわけではありませんが、憂うつはほとんどなくなり、不安も著しく減りました。
 

この記事へのコメント

ヨガナンダ
2010年08月21日 22:30
初めまして。
アメリカでのセミナー体験、とても興味があります。
是非詳しく教えてください。

私は本を買ってまだ100ページほど読んだだけですが、
すでにシンクロの多発、視力の向上等、目に見える効果がどんどん現れ、
その効果の大きさにとても驚いています。

私のホームページにも、セドナのコーナーを作ろうかと考えているほどです。
  http://yogananda.cc

モノ、こだわり、すべてにおいて我々は「持ち過ぎ」なんですね。
Yoichi
2010年08月22日 22:27
ヨガナンダさん、コメントありがとうございます。アメリカのセミナー体験は数日後に触れたいと思います。
Libra
2010年09月03日 23:11
はじめまして。
数日前に本を買い、少しずつ読み進めています。
まだ途中ですがこれが最後の本になるかも・・と、どこかで思っています。
そんな時、こちらのブログに出会いました。

本を読みつつこちらのブログを参考にさせていただきたいと思います。

体験談やアドバイスをシェアしていただき、ありがとうございます。
Yoichi
2010年09月06日 22:13
Libraさん

これが最後の本になるかどうかはわかりませんが、私の場合、この解放テクニックを習得してからは、自己啓発系の本を読む気がなくなりました。何回も解放を繰り返していくうちに、効果が感じられるようになると思います。
ルート66
2011年04月25日 10:11
23日に勉強会に参加しました。
自分でやっていると自分の感情のほうが強くて
解放しても実感がわきません。
でも勉強会でやるとさーっと感情が消えて
すっきりしている自分があって
終わってから2.3日はすっきりしていられます。
これがずっと続くように解放を続くて行きたいと
思います。
勉強会ありがとうございます。
Yoichi
2011年04月25日 21:36
ルート66さん

勉強会に参加していただいてありがとうございました。勉強会が「生きやすくなる」きっかけになれば、主催した私としてもうれしいです。