テーマ:バイロン・ケイティのワーク

震災後の心のケアについて

 震災から半月が経ち、人々の心のケアが大きな課題になっています。被災した人々に限らず、今は日本中で多くの人々が心のケアを必要としているのかもしれません。私は、心の専門家ではありませんが、自分自身がうつ病になったことがあり、うつ病を完全に治癒させるために、薬物療法や認知療法といった西洋医学的なアプローチから諸外国における代替医療的なものま…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

バイロン・ケイティのワーク3

 こんにちは。今日は、バイロン・ケイティのワークの3回目です。  私がバイロン・ケイティのワークを始めてからしばらくして、自分の中でいくつかの発見がありました。今日はその1つとして、認知療法という心理療法の意味を初めて理解したことを挙げたいと思います。  認知療法とは、アメリカの精神科医であるアーロン・ベックが50年ほど前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイロン・ケイティのワーク2

 今日は、バイロン・ケイティのワークの2回目です。  バイロン・ケイティのワークは、バイロン・ケイティのホームページによれば、うつを和らげる、ストレス(不安や恐怖)を減らす、人間関係を改善する、怒りを減らす、思考を明瞭にする、活力を高める、心がより平和になるといった効果があると書いてあります。医学的統計学的検証がまだなされていない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイロン・ケイティのワーク1

 今日は、セドナメソッドに匹敵するパワフルな効果を持つバイロン・ケイティのワークについて紹介したいと思います。  バイロン・ケイティのワークは、バイロン・ケイティというアメリカ人女性が作ったネガティブな感情を緩和させるメソッドです。ケイティはうつ病患者でしたが、ある時に、意識のシフトが突然生じ、「思考を信じれば苦しむ。思考を信じるのを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more